2009年06月28日

本日のお知らせ

あらら、段々に曇ってきちゃった・・・。
降ってきそうですね。
今日は、公園の絵はがき屋はお休みです。
あ〜あ、仕度までしたのにな。

昨日はうだる暑さの中、訪ねて下さった方々、ありがとう!
夕方まで頑張って、良かったです。

出店前にひと仕事、でも、OKが貰えず、帰りに描き易いお店の中で再チャレンジしたら、かなり気に入るものが描けました。
待っていてくれた人も、これはいいね、と。
多分OKが頂けるでしょう。
後で持ってゆきます。

皆さまはいかが過ごされますか。
雨が降りそうですが、良い日曜日でありますように・・・。
posted by はるな at 11:18| 東京 ☀| 井の頭公園の絵はがき屋さん再開!! | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

本日の出店

おはようございます!
いいお天気。
本日も真夏日になりそうですね。

本日の井の頭公園出店は、1時半頃になるかと思います。

池の反対側にいるかもしれません。
遊びにいらして下さい!
posted by はるな at 11:27| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

音楽はいいナ ♪

ふぅ〜、やっと、ひと仕事終えた。
先日、頂いたお仕事の締め切り、明日なのでして、・・・いえ、日曜でもいいのだけど、早い方がいいものね。
で、本日( 6/26 )、約束していた美術館行きは止めにして、絵を描いていました。
遊びに来た友人にいろいろ協力して貰って、集中できました。
そこそこの出来に仕上がったけれど、発注して下さった方に気に入って頂けなければ、話にならない。
どうなるかしら?
そして、もう一点の絵は、明日の朝、取材とブランチを兼ねつつ、ライブ( 喫茶店にてブランチの絵を描く )なのであります。
ああ、いいのが描けますように・・・!

今朝、数年前に私がCDのお手伝いで絵や詩を提供させて頂いた、よしだよしこサンから電話があって、「 本、届いたよ〜、ありがとう ♪ なかなかいいね!」って。
そう、先日、彼女の私が携わった以外のCDと、私のブログ本、交換こ贈りっこ、したのです。

それで、彼女の京都ツアーの際に、私の二冊目のブログ日記から、‘ 青年 ’という詩を選んで朗読して、私の絵はがき屋をはじめとする表現活動の様子を、お客さま方に話して下さった、って。
「 道端で、手作りの絵はがき売って、生活しているんですよ〜!こんな人がいるんですよ。絵はがき、一枚、200円ですよ、200円!!」って、お若いお客さま方に、熱く語って下さったそうな・・・。

よしこさんに、褒められちゃいました。「 はるなさん、えらいよ! 」って。
それで私も負けじと、「 よしこさんこそ、ライブ・ライブの旅の毎日で、行く先々で、みんなを励まして、一生懸命頑張ってて偉いよ!」
そしたら、よしこちゃん、「 そう、あたしって、えらいよ。いつもそう思ってるよ!でも、はるなさんも、えらいよ。私たちって、えらいよ!!」って。笑っちゃった。「 うん、そうだね、ふたりとも、えらいよね。」

そんな訳で、私の詩が、初秋に発売されるよしだよしこサンのCDに、また、乗っけて頂けるのです。
う〜〜ん、楽しみ、楽しみ・・・!

彼女の、数十年ぶりのアルバム『 ここから 』に収録された、私の詩に曲を付けて下さった‘ 扉( レクイエム )’という歌は、時々ライブで歌っているそうですが、先日、彼女の知り合いでもあった忌野清志郎さんの追悼の気持ちを込めて、ステージで歌ったのだと聞いて、嬉しかったのです。
そっと遠くからファンだった私も、よしこさんとともに、追悼させていただけたようで・・・。

哀しい歌だけれど、愛に満ちたうたなんですよ。
真心や、愛は、どこか、宇宙のふところの中で、ひとつに溶け合っているように思えませんか?
そう思った時、人は、自然は、存在は、さびしくないね。あたたかいね。
・・・・・・・・・。

暑い、うだる一日。外は、そこそこ、風が吹いて、気持良かったけれど、家の中で作業となると、厳しい。
クーラーは、早過ぎるだの、いろいろと抵抗があるし、生風を窓から取り入れても、大して涼しくない。
で、音から、涼を得ようかと思ったけれど、やめて、夏っぽい気分になれるものを選曲してみました。
昨日のパンクロック・ライターの友人と話したテンションが抜けず、ふと、思い立ったのは、東京ロッカーズのMr.カイト。
すっごく久しぶりに聴いてみましたが、・・・良かった!日本の、東京の、うだる夏によく似合います。
東京ロッカーズが活動していた当初のことは、よく知らないのですが、メンバーだったひとりと高校時代にバイト先で知り合い、彼からもいろいろ影響を受けました。

ロッカーズは以前からちょっと憧れなのです。
1970年代のロックムーブメントです。
この頃の音は、ステキです。生でね、・・・カッコいいんだ!

で、次は、パコ・デ・ルシアのスペインギターに飛んでしまった。

音は、本当にいいな。すてきだな。憧れるな。
音楽を作り出す、演奏する、作曲家やプレイヤー、ミュージシャンたちは、音で愛を大きく広げ、本当に楽しそう、しあわせそう・・・。
絵描きは、彼らに比べて、どこかさびしい所があるのよね。
でもね、私も、絵を描いていて、しあわせです。

表現者は、核は同じですね、きっと。
絵が描けていいですね、とおっしゃって下さるお客さまによくお伝えするることですが、受け手もまた『 表現 』を助けている不可欠な存在であり、投げかける者、受け取るもの、これはおそらくセットで『 表現 』なのでしょう。
心から、心へ・・・。愛の循環ですね。

私はそれでも、音への憧れを抱きつつ、絵で音楽を奏でたり、時には曲を生みだしてみたり・・・、音の人たちと、やはり、関わってゆきたいなぁ・・・、と願っているのです。
posted by はるな at 00:44| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする