2014年01月29日

宇宙からの手紙

宇宙のおともだち

芸術と宇宙は 太い一本の道で通じている
互いに長く伸ばし合う 腕と腕 そして
祈るように結ばれた 手と手

『 宇宙人 』の意味が 少しずつ解ってきた
アナタとワタシ 宇宙のお友だちであるか ということ

ソラで語らい 響き合い 微笑みを交わせる友よ
アナタもワタシも 宇宙人だね

アナタと 広い宇宙の憩いの庭で
ゆったり お茶を飲みたいな

*   *   *   *   *

花と☆

星と地上に咲く花の 呼び合うさま
一つの☆と一つの☆ 花と花の 愛の交信

両者は 生の長さというより 生きざまが違う
花は絶えつつ 再び生まれ 繰り返し
星はひとつ じっと輝き唄う

花めぐり 星めぐり
ソラに生きるものと 地に生きるもの

地のものも 形を変えつつ再生し
いのち( 心 )つなぎ
また ふたつの星は 呼応し続ける

*   *   *   *   *

夕べは眠ろうとすると、こんな詩が幾つもいくつも湧いて来て、
なかなか眠らせて貰えず、 やがてついにはこんな詩になっていったのです。

*   *   *   *   *

眠りの儀式

ああ もうフラフラだ
時間など お構いなしにやってくる!
宇宙のメッセージ 芸術という名の姿をして

そりゃそうだね 宇宙は 時間など
眠気など 吹き飛ばす
限りない命の すべての源だから

ああ・・・ 宇宙は大き過ぎて
無理は禁物 ワタシはワタシタチは
人間だから 地球上の

だから 広い宇宙と向き合ったって
タチウチデキナイ 自分の掌
身体に見合った 対話をしなくちゃ

無理はムリだね ・・・そうでしょう?
さあ 今夜はもう penを置いて
眠りましょう おやすみなさい

*   *   *   *   *

星釣り

“ おいてけ掘り ”じゃないけどね
むやみと釣り過ぎたら 駄目さ
bonne nuit!
posted by はるな at 18:45| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

ミドリとワタシ

冬の旅先の窓辺で 金色タンポポふたつ
どこにもないけど 昨日突然目覚めたらしい
そんなふうに ミドリはワタシの前にやってくる

遠い日に幾度となく 暗闇に淀むワタシを
光へと導いてくれた ミドリの天使たち

旅の留守にヒトに託し 水を忘れられ
おおいと声を掛け続けると 101日目に
息吹き返した 奇跡の葉っぱアジアンタム

再び闇に伏したワタシに お日さまの微笑みで
元気をくれた シルバーピンクのデンマークカクタス

薄暗い部屋 ひとつ目覚め忘れた白の蕾に
オハヨウと囁けば たちまち開いたポーチュラカ

オシャレなアンジェリカ 色鮮やかなガーベラ
スイートピーはイイ香り 親しき庭から紫陽花たわわ 
豪華びっくり薔薇づくし 恋人や友が呉れた幾つもの花束

小さな白クマ 差し伸べてくれた少年の手
日々に交わした幾万の笑顔 懐かしい掌のぬくもり
沈める時も楽しき時も 覗きに来てくれる鳥や虫たち

ミドリとワタシは いつでもずっと
手を伸ばし合い 命の光を与え合う

アナタは あなたは ANATAはミドリ
いつもミドリの光 絶えることない

・・・ああ そして胸を開けば ソラの青に包まれる・・・
posted by はるな at 15:34| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

近況

うっとりゆったり 凄く嬉しいことがあったり
すると同じ日のうちに ひどく困ったことがやってきたり
どうして時は こんなにも目まぐるしいの
あとで詩にして書いておこうなんて あとはもう別の嵐の中
やはり その時ばかり生がライブが謙虚だな
ありがとうを 言える時に心ばかりは伝えて
伝えられなくなる 次の予期せぬ幾通りもの展開
人生の有難かったことばかりを胸に 進んで行こう
思い出の宝物は 毒になる時もあれど
感謝の想いは 忘れたくない捨てたくない
新しい風の中 私は変わるアナタは変わる
刻一刻どんどん変化してゆくのだ 面白いね
家だの人だの 環境が変わりゆくのは当然のこと
自分の身体という基本の住みかを きれいにしたいね
posted by はるな at 13:06| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする