2014年09月29日

小さなアクション

昨日まで数日 時は同じような色をしていて
小さなアクションが ハクションみたいに
おっとびっくり 新たな風を連れてくるから
時の流れの洗浄力は 流石だなあと感心する

ちょっとした思い付き 出来る些細なこと
試してみると 応えはここ最近の流れとは
じぇんじぇん違う一日に 気分がスキップ

大きな問題に捕らわれて 煮詰まってたけど
小さな明りに照らされて 大きな憂鬱はお休み
そしたら小さな笑顔が大きくなって あはは ♪

そんな風にいつも 新しい時間を招き入れたら
大きな闇は いつしか消えているのかな・・・
今日という日に感謝して 眠れるのがしあわせ
思わぬ展開 心地良い涼風と仲良しになろう
posted by はるな at 19:09| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

夢にしろ・・・

毎年お彼岸のお中日の日は、蝶々がベランダに遊びに来ているのを見付ける。

今年は夏の暑さが大分早目に退いたのに、彼岸花は彼岸入りの日にちゃんとスーと伸びて開いた。

お墓参りに行った次の日の朝、逢ったことのない私の祖父が、夢の中に凄く親しげに出てきて、普段着らしく着崩した良く似合う着物の生地の匂いさえして、暫し話して楽しく嬉しかった。夢だけど、この人にならこんな自分が出てくるという感覚さえ味わって、初めての色をした時間が広がる。夢でお初の祖父とのひと時は、明るくてリラックスできてとても心地良かった。ひょっとして相手も私と話すことで初めてのキャラが生まれたかな、夢だけど・・・、なんてさえ思ってしまった。

今朝、夢から覚めた時は随分呆れた。登場人物はいつも相当多いが、友知人やらなにやら、もう数十人ゴチャゴチャとストーリーに入り乱れて、懐かしい人も出てきたなんて浸る気にもならないほど、とても忙しかった。

不思議なことは、まあ当たり前で、日々は有難く大切に思う。

明日は雨のようだが、明日の展開が楽しみでもあり、さて今夜はどんな夢を何本観るかしら。
posted by はるな at 21:37| 東京 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

交差点

両親とお寺で待ち合わせた お彼岸のお決まり
遅ればせ一人で合掌 献花の愛らしい蝶と目が合う
さっき銀座辺りまでね 友人と一緒だったんだよ

後で聴けば さっきお寺に親戚が来ていたと
20年逢っていない 逢いたかったのにとがっかり
だけど すぐ近くに居たんだねと温かく思う

浅草で恒例の昼食会の後 新宿で別れて一人で戻る
今日は何とか 外出して旨く過ごしてる
イイ気になって途中で 近所の友と落ち合ってお茶した

今朝そう言えば 佐賀にお墓参りに帰っている友が
長い畦道を いま自転車で走っているゾ〜と電話くれた
10年逢ってない旧友が夕べ 思い出したと連絡くれた

大分に暫く帰っていた友から 私が勧めた映画
オランダ発『 イップ 』の 感想メール 
やはり判ってくれたかと 嬉しくなった

午後に友と待ち合わせたのは ある交差点で
思えば いろいろと思い出のある場所だ
待っていたら別の知人カップルとバッタリ 立ち話し

今のカレだと紹介されて 今のは余計よと釘さすと
今の彼女デスとやり返す まあそんなものだよね
正直でいいじゃないか そうスマートでいい

彼らは さっき私が行った辺りに出掛けるところ
偶然の2年ぶりの出逢い つい長話しになる
たまには逢おうよ 近々きっとと口約束

さて夕食は二人でと思っていたら 別々の隣の部屋で
美味しいねなんて ちょっとだけ会話しながら
そう みんなみんな ちょっとだけ一緒に居るな

ここは小さな交差点で ちょっと居てじゃあねと手を振る
そして大きい交差点では 長い時間共に過ごしたりしてる
スペースの大きさは時間で 誰もがどこでも交差点の上なんだ

だからいつでも淋しくはなくて 一緒みたいで
擦れ違った後も 作られるその距離が愛おしくて
遠く近く みなそれぞれの沢山の交差点を励ましている

一人旅を淋しいなんて 思ったことはないけど
一人でもみんなと一緒 みんなと居ても一人
何処に居てもおんなじ この世はみんな交差点なんだな
posted by はるな at 22:12| 東京 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする