2014年12月31日

今年もお世話になりました

今年の年末は、毎年とちょっと違うのです。まず、製作の仕事をとっくに終えている。そして余裕で連日のんびりしてる。そして、皆と楽しい、まったりや喧騒の中で、空き時間にこまめに掃除の時間やら確保出来て、この私が大晦日というのに、本日昼頃には大掃除を終えてゆっくりモード。小学1年ごろから身の回りの大掛りな掃除を年末にやる習慣が身に付いたが、最終日の日が暮れても家で私一人片付けが終わらず、冬の夕風に手を冷やしつつ、いつまでも窓拭きなんかしていた。それが数十年来、昨年までの光景だったが・・・。やはり私は随分と変化している。

そうだ今日もまた柚子湯に浸からせて貰おうと優雅な気分、ああその前に今年最後の散歩でもと、まだ日の高い暖かな日差しの中、戸外に出た。ひと気のない処で足を上げたり上体を反らせたり体操をしていると、一羽のカラスがすぐ近くに来て、何やってんだよ〜としつこく聴いてきたところで、ほぼ同時に電話のベルが。高校時代の担任の先生で、今年もカレンダーのご注文頂いた。ああ、なんて優しいお声、有難い・・・。

今年は元気を奮い立たせて、年末に沢山の人と逢っているが、それでもこの年末もまた、沢山の逢えずにいる久しぶりの人たちとも電話で話せた。暫く顔を観ていないから見た目から受け取れるものは及ばないが、懐かしい話し声からたっぷり、その人の心や様子が届けられる。一緒に過ごす、ひと時のお茶やご飯の時間と同じぐらいに、それはとても大切な嬉しい時間。記念のツーショット写真を取ることは出来ないけれど、楽しい会話や優しい特有の声は鼓膜のスナップに焼き付けられる。

さて散歩の後はさっさと湯船につかり、・・・と、今年は本当にいつもと違う。風呂の後は6時前に夕食の支度、勿論年越し蕎麦だが、四半世紀ぶりに一人蕎麦を楽しんだ。ふふふ。なんだか一人でのんびりの年越しってのも、しみじみと落ち着いていいものだ。明日は元日早々また賑やかになりそうで、一年の締め括りにこんな風に静かに過ごすのは何かと初めてで、新鮮でわくわく。テレビなんか点けないもんね、ってゴメンねテレビちゃん。後は久しぶりにネット配信の漫画なんか幾つか観てみようかな。

皆さま本当に今年もお世話になりました。いろいろとありがとうございました。
どうぞ、佳いお年をお迎え下さい。
( 今年は年賀状1枚も書いてません。のんびりし過ぎた。ま、来年の干支はほっこり未年だから、なんとなく、まあいいか。ゆっくりほこほこ行きましょう )
♪♪♪
posted by はるな at 20:22| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

緩やかな忘年会

来る日も来る日も、連日いろんな人達と逢っては、まったりと過ごす日々。私の体調を配慮してくれ、棲みかの近所までやってきてくれる。
クラシックやロック、ライブにお招き頂いて、素敵な音時間に包まれたり、ふと病院に急いだり、今日はどうしようかとランチの店をあちこち探したり。
小6の女の子とのランチや、思い掛けない夏のバースデイの今頃のお祝いや、クリスマスのキラキラもまだ名残ってる。
母方の従弟とは先日、生まれて初めて二人だけで会い、互いの変人さを類似していると認め合いつつ5時間も語り合った。
朝から連日連夜、とても忙しいけれど、心はなにやら、まったり、ほっこり、ほわわぁ〜ん。
沢山拵えたカレンダーもあちこち旅立って( まだ在庫有り!ご注文間に合います。)、心温まる、緩やかな、しあわせな、年末時間。
posted by はるな at 20:59| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

カボチャ祭り再び

昨日は朝風呂柚子湯、忙しい一日ながらカボチャもパスタ料理にして頂いて、デザートにスペシャル柚子ヨーグルト( 黒蜜が合う!♪ )を添えたりして、冬至のイベントは優雅にクリアしました。
時間体力考慮すると日記を書く余裕が作れなくて、というところではありますが、冬至や柚子湯に関する記事はこれまで随分載せたからいいかなと、夕べはそのまま床に付きましたが、思えば今までカボチャに付いても色々書いたような・・・、ああそうか、ハロウィンの記事だ。

それにしても本日もまだ、カボチャイベントは続いていて、秋にお土産にと頂いた畑から採れたての、ひょうたん型の大カボチャに昨日やっと、オブジェから食料に転身して貰いましたが、何しろ大きいのでまだ半分も残っていて、昨日のパスタ料理のウケを引き摺って、それじゃ本日はサラダを作ってみようかなと早朝から仕込んで、これまた美味しいのが出来ました。るんるん。

畑ってすごいなあ、子供の頃からの憧れですが、まあそのころは畑自体、その風景を生で観たことが無い程で、いろんな野菜や食べ物が作れるなんて、魔法の地面、どんなだろう、いいなあ欲しいなあと、憧れたものです。

秋に友人と小金井を散歩した時に畑にトンデモナイ大きさのカボチャの群れを見付けて、まるで小型のUFOが不時着したかと不思議な気持ちになったけれど、土から色んなものがひょっこり現れるんだから、地面から来たUFOみたいなものですね。そして美味しくて栄養満点、ソラと土の恩恵ってすごい。

さて、いつも突然現れる友だちが、またしてもすぐ近くだから直ぐに寄るって、嬉しいが10分後にと言い放ちそれ位は待って頂き、今これ書いてしまう。来たら、さっきのカボチャのサラダを少しお土産に持って行って貰おう。ええい、もう来た!
posted by はるな at 11:32| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする