2016年06月29日

アリスの散歩

近頃クサッテた 梅雨時じめじめ
いえ シットリと ドライにね
もういいや みんな放っぽっちゃえ

どうにでもなりゃがれと 思っていたら
ソラの方から 救いの声が聞こえてきて
いま心が乗っかるコタエに 向かおうと

誘われて アリスの服で出掛ければ
白昼夢中 逢いたかった人に逢えたり
いつもの 緑の小路に他愛のない会話

けれど何かが広がってゆく 私の中で
私の外で 宇宙は もうかなり膨張している 
私にも みんなにも 急かしているようだ

掌を合わせれば 古い地図を読み解くように
いざなわれる 踏み入ったことのない世界
ここは不思議の国 あなたも景色も諸共に

時化ていても 時は行くけれど 進路を変えろ
進めそうな道は こんな風に見えてくる
吹く風纏う大気 私が変わり 周りも変わる

アリス 夢を乗せて 私の時間に絡みついて
一つを諦めても 一つ以上に希望が輝く
先のことは判らない 今はただ明日へと向かう
posted by はるな at 21:19| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

家出

はつ夏の朝の声に呼ばれて歩くと
美しい人に出逢った

ジャレテくる蜂に蝶 渡りゆく風
さっきの夢の続きかもしれない
巨大シイタケは どうしたろう

空気は しんと静謐に感じられ
私の存在の小ささと大きさ
諦めに近い心持ちや 全てが愛おしい

人の世の教えを 楽しく聞きながら
私ばかりが 背を叩かれないことに
齢5つの日の 思い出がよぎる

皆ほどに 到達していないということだ
スタートラインが ずっと後ろか
私らしく うっかり逆向きに走ったか

どうあれ 人と比べ切れぬ道 
それは誰しも同じ 愛すべき隣人よ
なにしろ深呼吸から 学ぶのだ

迷える人を 見下ろすまい
同じ地上の仲間を 敬おう
透明に近い朝の中 良い答を受け取った

あこがれと現実の 交差する喜び
重なるほどに 心躍りつつ失意し

人の世の 哀しさの中に充ちてくる声は
願いを手放して 漂い生きることと

自我という家をたちいでて 空に溶ける
posted by はるな at 12:27| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

変身

カラス 光と闇 綺麗だな ・・・
連れて行ってよ モノローグの国へ

眼を閉じると さっき観ていた
ガクアジサイの 花の宇宙に
ぐいと 誘い込まれる ・・・
ああ 此処は 心地好い
静かなミュージアムの体内だ

ココナツミルク・カレーは
ニホン人の胃に優しい
あんまり 見詰めないで
インドの人の眼の周りのクマ
くらくら くららん ・・・
還れぬ夢の曼荼羅に 巻き込まれそう

信じてた筈の日常 危うくなったら
サンダル履きのまま 出掛けよう
洗濯機 ぐるぐる 回したまま
私の心も ソラで洗おう ざぶざぶ ・・・

・・・ いつかの朝に なぜか 潮騒の
テトラポットの隙間で 目覚めたら
真新しい日常を 見付けられるかもしれない
posted by はるな at 19:11| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする