2016年09月30日

セルベッソス♪

このところ、明るい展望を抱きつつ暫くぶりに仕事モードに入りこんでいたが、あれこれ新しい世界への取材を続ける程に、今の自分に無理なことの多さに気付かされ、イメージと現実とのギャップに深刻な気分が増して行く。取り敢えず、休業中だった以前の仕事を、いま出来得る寝転がり姿勢で頑張ってみるが、時間的能率の悪さや拙さは仕方ないとしても、気分はどんどん酷く煮詰まるし、厄介なのは切っ掛けを得て押し寄せてくる、あれこれへの不安から体調への影響・・・!

こりゃ不味いわ、ポジ・キャンペーン試みてネガ・キャンに連れてかれちゃ本末転倒。ええ〜い、どすっぺかな、取り敢えず気分を変えなくっちゃ。

そう思っていたところ、なんか今日、突然ビア・ガーデンがやってきた。
原っぱに寝転んでたら、なんだか天使がやって来て、ビールとトリ肉で乾杯!示し合わせてのことじゃない偶然の流れ、楽しいな。
スペイン語沢山喋る人と、少し話せる人と、ほんの少し話せる人、3人。スペイン語じゃなくて日本語で、ニッカンゲンダイなんか広げて話しする。彼らは、Pororoぽろぽろ転がるように言葉を撒き散らし、私は押されて閉口気味。1対1ならバランス取り易くて私もかなり喋る方だが、この三人メンバーだと自然とこういう感じになるようで、面白いなと思う。平日昼間のビア・ガーデン、なんて贅沢!♪

そういや今月はビールを3度頂いた。ここ2,3年の間、体調を考慮して、人に勧められてもアルコールは半年に一度ほどに控えていたから、これは近頃では冒険。そして、その次の日にツケが来るかと冷や冷やしても、案外そうでもなくて、むしろ心なしか体調も楽だから、ははぁ、つまり深刻になり過ぎてたのがイケナイってことか、と気付かされる。ほんの一杯で思い出せる、呑気と陽気、楽しさを。

くしゃみハナ水が朝からずっと続いてるから秋花粉か風邪引きか。いつもあれこれ不都合だらけだが、そうだね、いちいち細かいこと、真面目に捉えず、気にせずにやってゆこう。飲んでなくとも必要な時にはこの感じ、思い出そう。

天使の一人がほろ酔いに、今朝の日記を読みあげた。‘ 仕事から帰ったら、誰にも邪魔されずに一人の世界を追求しよう! ’。その筈が、仕事帰りにビア・ガーデン。
もう一人の天使が笑う、予定どおりに行かないから、それが良いんだよ、って。

セルベサ・フリア!( 冷たいビール! )緩急バランス、旨くコントロールしながら、各々に。
ビールに、もう少し緩みなさいよと教えられて、暫し寛ぐ、ビア・ガーデンの天使たち。
セルベッソス・・・みんなで乾杯!!!♪
posted by はるな at 20:32| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

秋風の迷路で

移ろい易い心を抱えて
迷い路を手探りするにしても
今と云うこの時を広げて感謝すれば
何に付けても明るく楽しく見えてくるから
取り敢えず扉の絵を幾つも描き一つずつ開いてみる
気の持ちようで人生は彩る景色を変えるから面白いなと想う
選択肢は色々としてもこの秋の有るがままの与えられた今を愛しんで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ライトでクールな遠き時代の音楽に虫の音が溶けて心地好いまどろみに誘われる
posted by はるな at 21:40| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

いまじん

きれいだった。そこは天空のちゅうまえんだの園か。
すべてが満ち足りていた。完璧だった。

朝の寝ぼけ頭は、好ましい。
身体よりも大分、心が軽い。空の辺り泳いでる。

観た夢は秘密。寝坊しかけて横向きの頬にマスクの後。
頭の中はポケッとしてるから、恥ずかしくないや。
少し進化したのか、なんだかどうも、いっそう新しい朝。

静謐なお堂でしばしなんとか坐り、赤いお社の女神にお礼を言って、
二胡の浜辺の歌を聴き、嬉しい言葉を貰い、蝶の舞う園へ。

神さまの住む世界からの手紙は、難しいようで優しいな。
いや、厳しそうだけど、楽でとても自然だな。
人社会への拘りを放棄。少し寝ぼけた頭で、身体より心に赴く。

頑張って描いてみたんだ、虫たちも皆いっしょ懸命だったから。
このありのままの自分のままで、出来ることをやるだけ。
みな普通に等しきこと、美しい野原の草や花や虫が教えてくれること。
( カナヘビのコドモも、蜥蜴もいた。 )

いつも無理ばかりしているな、なんだか滑稽に思えてくる。
いらない頑張りが多過ぎる。ちょっと寝ぼけモードでやってみよう。

人には虫や花と同じように親切にしたい、邪険にされても気にしない。
自我を浮かべず世界を淡々と感じよう、人にも自分にも多く望まない。
みんなそれぞれに懸命だから、仕方ないんだ。

やがて訪れる本能が、どこかへと連れて行ってくれる気もする。

寝ぼけていても判ることがある、瞬時の覚醒をもって届けられる。

マリア像に手を合わせ、弁天さまにお礼を告げる、物にはいつも有難う。
人々の頭に刻まれた地面や思想の、深い線は痛ましいばかり。
人と人、その以前に、覗いてごらん、様々なこの世界の宇宙をさ。

かみさまって、きっと線引が苦手だ。これ、私のいまじん。
posted by はるな at 12:00| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする