2018年04月22日

朝陽と

夏が近づく カーテンを透かし 入ってくる
朝を食べる もりもり 私じゅう光に満ちる
そんな日々が ひとの血肉の思い出になって
携帯電話を忘れたから 言い訳ありに身軽るん
散歩の脚は蝶の羽 風と戯れ どこに行こうかな

posted by はるな at 07:00| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

そこで集う

数日前に新聞に大きく広告も出ていたし 
久しぶりに結構集まるのだろうと思ってた
そしたら私の予測ほどは人々はやって来て
少しは気持ちが明るくなったのは皆んなもかな

そりゃあ誰だって好いことでパーティーしたいよ
でも残念ながら嬉しい事の為の集いじゃあない
みんな笑顔よりも曇り顔でやって来るけれど
関係ないと背を向けぬ人がこんなにやって来たよ

自分事だいじな人の事いまの事すべて自分事
世相もあるだろう私も近頃は黙って一人で行く

いろんな人たちが居て当たりまえ無関心の人も
まぁいいんだ自分の分だけは出来る有難さ
周りの人にも少しは伝えるよ人を選んじゃうけど

お手洗い場に行くついでに木々や葉や花を愛でる
アメリカハナミズキツツジサツキサクラそれから
懐かしい景色に振り返り様々な想いよぎり微笑む

何処に居たって気になるのは足元のアリ達や
楽し気なスズメ何か不満言いたげなカラス
いつもいつもごめんよ人間が勝手な事ばかり
せめてビスケットの粉をアリにパン屑を鳥たちに

ひつじのショーンのマスコットを付けた女の子
そうだ私も連れてきたっけとカバンに付ける

公園の八重桜の下でおばさまにアノぉ〜と呼ばれ
何かと思ったらショーン財布コレ〜と見せてきた
私の啼くんですヨと啼かせても騒音凄いもんね
私のは啼かないワってショーン見せ合ってサ

いろんな人がいろんな所からいろんな思いで
気持ちは同じに近いかもしれないから声合わせて
けれど一人一人の想いはサ本当におもいおもいで
集団になっても自分だけのハートと言葉を大切に
きっと忘れないでねって想いを浮かべながら・・・
posted by はるな at 22:08| 東京 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

赤い靴下

夢の中の薄闇小道の曲がり角で 誰かに赤い靴下を貰った
風は吹いてたっけな 私はそこからスキップで進んで行った

夢の外の世界で沢山の人が去って行った 私も去って行った 
人の他にも多くの景色が移った これは時間の門出だろう

自己の反省は大切だが 諦めて気持ちの切り替えが必要だ
人も鳥も花も 今朝歩けば新しい出会いに満ちて幸せだ

何がいけなかったって 色々あっても互いっこなのだ
新しい時がキミに心地良いといいな 私の心はそう思う

いつか風が吹いてきて 真新しい世界でピカピカのキミと
今と違う世界で生きてる私 初めましてと笑い合えるかな

チョットした誤解 思い込み難解 自分に甘い出来心
ごめんねの言葉は届かず 一人ありがとうと祈るばかり

貰った赤い靴下履いて風の中踊れば 花のスープ出来上がり
クヨクヨしてるなよって 新しい景色がじゃれてくる
posted by はるな at 10:52| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする