2018年02月20日

母の日

今日は母のバースデイです。毎年恒例、夜はパーティーであります。ずっと離れて暮らしているので、母は天候を気にして、お天気のいい日でいいわよ、と気遣ってくれますが、今日は晴天で、今夜もきっと誕生日パーティー日和でしょう。

毎年、母が何を喜んでくれるか、一生懸命になるのですが、何十年経ってもあまり上手には行きません。以前好きだった物が今は好まなかったり、健康より嗜好重視の当人でも、こちらはなるべく体に良いものをと考えて、結果やっぱり上手くなかったり、気は心的にと思っても、喜んでほしさの欲張りになってしまいます。

色々と喜びそうなことを企画していますが、お祝いの押し売りにならぬよう気を付け乍ら、企てのあれこれが相手の負担になぬよう、そして喜んでもらえるかなんて、65点ぐらいをこちらの喜びとして許して、パーティーに挑んできます。

実家に行くのは先日ぶり。つい3日ほど前に、旧友と母校を訪ねがてら、帰りに実家に旧友も連れてゆくと、丁度フィギュアスケート平昌、羽生選手と宇野選手の金銀決定の瞬間で、旧友と母は四半世紀ぶりというのに、3人で茶の間の炬燵でお茶をすすりながら、うっとりとVTRでクルクル回る王子たちに見惚れつつ、黙々テレビを観ている時間が和んだのでした。

どの国の選手が勝利するとか、私はあまり興味はありませんが、エレガントなフィギュアスケートやダンスは大好き。新聞記事に、藤田嗣治氏の白鳥の舞台のために描かれ紛失していたという幻の絵の写しを発見、遂に劇場公開!とあって、母が伊東の疎開先に戦後もずっと住み着いていた時に、白鳥の湖の舞台観たさに東京まで出掛けて行った話を先日聴いていたので、これはプレゼントに丁度好いかと思ったけれど、良い席見付からず、母と私の体力では無理で、結局諦めたけれど、私も20代の頃によくバレエを観たことを思い出しました。

友人が( ロックバンドのベーシストをやっていた人で、ギャップが面白い ) バレエ団の事務方に勤めていて、しょっちゅう招待して貰え、大きな劇場の素晴らしい舞台公演を幾つも鑑賞し、その流れで創作舞踏、スペイン舞踏やタンゴ、演劇などなど舞台芸術に興味を持ち、よく観に行きました。

結局、森下洋子さんは生で見てなかったっけ・・・、そう思い出して、昨日ネットで3年ほど前の 舞台のワンシーンを観て、大感動!そう言えば、あの人は、この人は、と止まらなくなってしまいました。今頃ネットでルジマートフとニーナ・アナニアシビリの薔薇の精を観て大感激、シルビー・ギエムの東京公演は、20数年前に観に行き感動したけれど、2年前の引退後の記事で、最後の公演が東京だったと知ってショックだった、その公演を観忘れたままだった、などなど、今はネットで観られちゃうからその点有難い!

先日の映画も、いい映画だったし、新しい座席もとても座り心地よく、館内はゆったりと空いてくつろげて、ぎゃるだらけのすっかり様変わりした渋谷の街を、浦島太郎の気分で一人彷徨いつつ優しいワカイコ達に道案内されながら。映画熱も復活して、渋い一本やっぱしネットで観たり、感動漬け。なんだか遊んでばかりで優雅のようでも、いろいろね、蓄えながら見出してゆきましょう。

・・・そして今日は大切な日、母の日であります。ベランダの山吹色のクロッカスが二つ、お日さまを浴びながら目一杯に開いて、今日の日を祝福しています。
posted by はるな at 12:45| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

なぞなぞの答え

前回の問いの答えは、野球用の青いグローブ。♪

初めてグローブを遣って硬いボールでキャッチボールしたのは、20代前半ごろに付き合った、チームのホームラン王だった男の子に手ほどき受けて。凄く嬉しかったな、子供の頃は男の子だけの特権みたいなイメージで、憧れてただけだったから。投げて貰った球を受けてストン!とグローブから掌に伝わる振動が、ちょっと痛いけれど妙に心地いい。彼や他の人にも、女の子にしちゃ凄い球投げるね、素質ある、って言って貰えて好い気になってたっけ。借り物を愛用して遊んでた。
あの頃は、仕事やライブの打ち上げ後、酔っぱらったまま深夜に、仲間たち皆で歌舞伎町のバッティングセンターやボーリングに行って明け方まで遊んだりしてた、タフだったなぁ。

昔の話は止まらなくなるからこの位にして、さてこの初めてのグローブ、とあるスポーツ用品店で選んできましたが、小学生低学年用のサイズで、バックスキン。店員さんは豚皮と言ってたけれど、後でタグを観たら牛って書いてあってどっちかハッキリしないけど、鮮やかな青色で自分の手に最初からとても馴染んで、お気に入り、豚さんにしても牛さんにしても感謝、大事に遣わせて貰います。そしてボールは、今の自分にはこれかと、柔らかいのを選びました。

で、先日、ワクワク、お取り染式!野原の隅っこでキャッチボール好きの友人と軽い投げっこを始めたら、小さな子供たちがやって来て、ミスする度にボール取って来てくれる。なんかいつもこうなんだよね、私が野原でなんかやってると、何やってんの?ってチッコイノが寄ってくる、殆ど仲間ノリで。だから今回もやがては、皆でキャッチボールになりました。

少年少女とも5歳というのに大人びた様子で、投球が大変上手。英才教育が流行っているためか、自然と進化しているのか、ニホンの人類も凄いなぁと感心しました。お友達が白熊組で自分は蟹組で・・・、なんて。へえ私はリス組だったな、ふうん。そんな会話に、知らなかった情報や色んなこと沢山受け取れて、とても楽しかった。絵が大好きだっていうので、向日葵の絵はがき差し上げたら、わぁ〜〜!きれいっ、て喜んでくれた。♪

昨日のチョコ祭りの名残り。自分用のも買っちゃったから、一粒お口に転がしてる。チョコレートって、甘いなあ。普段たまに口にするのは、糖質オフのカカオの塊だから、ひどく甘くてその味は、子供用の遊園地で遊んでいるような楽しさだ。たまにはいいね。女の子からもらった手作りチョコ、バッグに潜ませて、今日も出掛けよう。先日久々あった人が面白かったって言ってた映画。映画館で一人で観るの、数年ぶりだなあ。良いお日和だけど、今日はグローブはお留守番です。

足元にはクロッカス、眼の高さには梅の花、日に日にほころんで、シジュウカラもヒトも嬉しそう。やや春霞の空と風が、地上を見守っています。
posted by はるな at 11:26| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

なぞなぞ

わ、何か書こうとして、パソコンの画面設定したら、出てくるの真っ白な壁だもんね、へへ!これ、2,3歳の頃に、ママ、紙と鉛筆ちょーだいっ、て云って貰って何にも書いてない広告の裏紙と対峙した時とおんなじ、ワクワクワク!紙だと質感だの色合いだの今日のこの一枚はこの鉛筆には愛称佳くてラッキー♪とかあるんだけど、PC画面は準備できたよーっ、てキチンと、ありがとうね。さて何書こう。

暫く日記を書いていませんでした。先日、池袋に行った日、カラオケでその辺のプロの歌手より素晴らしい歌を沢山聞かせて貰い、お酒やたばこの煙や昭和時代に戻ったような一日、大先輩たちに紹介して貰ったり、いろいろ一杯不思議だけど無理がなくて、クリアな自分に戻れたみたい、・・・、目一杯励まされてきました、日光浴の力はすごい。で、夜は月光浴、アクティブ〜!車で赤坂見附から浜田山、何故か昼の人と同じ職業の友人にこれまた久々に会って励まされたのでした。二人とも多忙でめったに会えない人たち、時間作って心遣って貰えてしあわせでした。

それからすっかり調子はいいのです。とは言っても、まだまだリハビリは必要。先日、ずっと憧れていたある物を、前にお祝いに頂いて大事に取っておいたお金で購入しまして、それを持って後で友人と出掛けてきます。今この程の齢になって自分専用のを持つ事が出来るなんて、ウキウキドキドキです。これでは謎々ですね。当てた方には三べん回ってワン!と言おうか、さて、なぁ〜んだ。次のブログのお楽しみ。ではまたね ♪
posted by はるな at 11:23| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする